出發地
Loading...
 
Reverse
目的地
出發日期
搜索記錄
本頁面的部分內容為日文。
登機報告

登機報告
春秋航空日本 東京(成田)-大阪(関西)線 IJ651便 搭乗レポート (就航初日)

2016年9月30日
春秋航空日本 東京(成田)-大阪(関西)線の就航初便に搭乗しましたのでレポートします。

■今回のレポートで利用した便
搭乗便:春秋航空日本 IJ651 (就航初便)
搭乗日:2016年9月28日(水)
出発:12:00
到着:13:30
搭乗時間:1時間30分
費用:1,710円
[内訳] 航空券500円+座席指定400円+支払手数料380円+カード決済手数料430円


 9月28日、春秋航空日本が成田ー広島、佐賀、新千歳に続いて新たな国内線 大阪(関西)線を開設しました。さっそくその就航初便に搭乗しましたのでレポートします。


■昼12時発はすごく楽ですよ!

 成田ー関空線は、国内系LCCのピーチ、ジェットスターがそれぞれ1日3往復を運航している路線で、春秋航空日本がLCC3社目として参入しました。

 LCCの新規路線というと、大体は早朝とか深夜とか、その時間帯に空港にどうやって着けばいいんだとか無理難題が多いのが当たり前ですが、今回の春秋航空日本の新路線は違います。

 昼12:00発!

春秋航空日本 関空線就航
 成田空港第3ターミナルでのチェックイン開始時間は10時00分、チェックイン締切は出発35分前までなので11時25分迄と、かなり余裕のスケジュールです。

 これなら成田前泊とか空港野宿夜明かしとかしないで乗れますね!

春秋航空日本 関空線就航
 10時00分、関西国際空港行きのチェックインが開始されました。出発2時間も前なので行列もできず、スムーズにチェックインが完了します。

 出発まで時間に余裕があるので、フードコートやショップをぶらぶらして過ごします。

成田T3 SpringShop春
 フードコート横にある春秋航空日本のショップ「SPRING SHOP 春」です。「秋」は国内線搭乗ゲート150番付近にあります。夏と冬はありません。

成田T3 SpringShop春
 春秋航空日本オリジナルグッズを販売しています。

成田T3 SpringShop春
 春秋航空日本の客室乗務員さんの制服を着たテディベアのキーリング「テディベア キーリング(800円)」

 値段も手ごろで、バッグのアクセサリーにちょうどよさそうです。

成田T3 SpringShop春
 同じく制服を着た「テディベア(2,210円)」、おおむね自分向けお土産の定番「Remove Before Flight キーリング(500円)」

成田T3 SpringShop春
 他にも、付箋「スティックメモブック(600円)」、モデルプレーンじゃなくて たまごひこーきっぽい「3Dパズルエアプレーンモデル(1,500円)」

春秋航空日本 関空線就航 搭乗機到着
 セキュリティチェックを過ぎて、161番搭乗ゲートへ向かうと、今回の関空行きの機体がゆっくりとゲートに向かっていました。

春秋航空日本 関空線就航 搭乗ゲート前
 161番搭乗ゲート前には春秋航空日本カラーのバルーンアーチで華やかに。

春秋航空日本 関空線就航 搭乗開始
 そして間もなく定刻出発へ向けて搭乗が開始されました。

春秋航空日本 関空線就航 CAさんより初便搭乗プレゼント
 初便に搭乗した方へ、春秋航空日本オリジナルトートバッグをプレゼント。客室乗務員さんから1人1人丁寧に手渡しされました。

春秋航空日本 関空線就航 出発
 地上係員の方々、そして奥の方でも関係者の方々が手を振って初便を見送ってくれました。

春秋航空日本 関空線就航 離陸
 春秋航空日本IJ651便の初便は、定刻通りの12:00ちょうど、乗客144名(搭乗率76%)を乗せて成田国際空港を出発しました。

春秋航空日本 機内食
 機内サービスでは「シーフードヌードル(400円)」をいただきました。いつもの味ですが、上空で食べるとやっぱりちょっと気分が違います。

 春秋航空日本の機内食の最新情報は下記にまとめました。

[参考記事] 春秋航空日本 機内食/機内販売品まとめ (2016年9月版)

春秋航空日本 上空からの眺め
 成田ー関空線は1時間30分の短いフライトです。離陸して安定高度に達したら、ものの30~40分もすると着陸態勢へ移行してしまいます。

春秋航空日本 関空線就航 関空到着
 あっという間に、関西国際空港第1ターミナルに到着しました。

 ピーチに乗り換えるとなると第2ターミナルまで移動に時間がかかりますが、逆にピーチ以外が全て発着する第1ターミナルなので便利な乗り継ぎが出来るケースも多そうです。

春秋航空日本 関空線就航 関空到着
 ほぼ定刻の13:31に到着。小雨が降る中のはっきりしない天候の中だったので、ボーディングブリッジで降りられて安心です。


■春秋航空日本の関空線おすすめです!

 成田ー関空線は、春秋航空日本の国内線4路線目として、毎日1往復を運航します。ピーチ、ジェットスターと競合する路線ですが、春秋航空日本は発着時間帯も利便性が高く、関空第1ターミナル発着がメリットになることも。

 同路線は需要も高い路線なのでLCC各社の共存共栄で、春秋航空日本も増便目指して頑張ってほしいですね。


 
■関空発成田行き IJ652便 出発の光景

 IJ651便で関空に降り立つと、折り返しIJ652便として成田に戻る便の出発準備が進んでいましたので、おまけのフォトレポートでお伝えします。

春秋航空日本 関空線就航 関空での光景
 14:10 IJ652便の搭乗が開始されました。

春秋航空日本 関空線就航 関空発便
 関空発初便に搭乗する方にもオリジナルトートバッグのプレゼント。

春秋航空日本 関空線就航 関空を出発


春秋航空日本 関空線就航 関空を出発
 滑走路に向けてプッシュバック、タキシング。手を振ってお見送り。

春秋航空日本 関空線就航 関空を離陸
 IJ652便が関西国際空港を離陸して成田へ。2016年9月28日、成田ー関空線の新たな選択肢に春秋航空日本が加わりました。