出發地
Loading...
 
Reverse
目的地
出發日期
搜索記錄
本頁面的部分內容為日文。
LCC 最新消息/拍賣

LCC 最新消息
スクートとタイガーエア、合併して7月25日からスクートブランドに統合。ユニフォームも一新

2017年6月15日
LCCのスクートとタイガーエア(シンガポール)は15日、両社の合併を行い、スクートブランドに統一することを発表しました。7月25日以降、すべての運航便はスクートとして運航されます。

 発表を行ったスクートによると、合併は現在 最終調整段階であり、最終的な認可を経て7月25日以降に両社の運航便が全てスクートとして運航される。これにより、スクートのレターコードは TZから TRに変更されるが、運行スケジュールや使用機材は現状のままで変更はない。

 また、タイガーエアのWebサイトはスクートのWebサイト (www.flyscoot.com) に、コールセンターもスクートに統一され、キャビンクルーのユニフォームも一新される。

 合併によりスクートの機材はボーイング787ドリームライナーに、エアバスA320型機が加わる。現在、タイガーエアとして運航しているA320は2018年中ごろには全てスクートの塗装に変更されます。

 7月25日以降のフライトの予約客に対しては、7月23日までにレターコードが変更になった新しい旅程表をメールで案内されます。

 スクート日本・韓国支社長の坪川成樹氏は合併について、「これまでのタイガーエアのネットワークが、7月25日以降はスクート便になることでより快適な乗継ぎも可能となり、日本のお客様へ利便性の高いサービス提供が出来る事を嬉しく思います。また訪日ビザの緩和を受け、東南アジア地域から日本への旅行者が増加しており、今回のスクート、タイガーエアの合併により、東南アジアと日本における国際交流の更なる促進と、物流の拡大に向け取組んで参ります」と述べています。

 7月25日以降のスクート及びタイガーエア(シンガポール)の搭乗を予定している方に向けて、合併についての詳しいFAQが公開されています。詳しくはスクートの関連ページをご覧ください。

[関連ページ] SCOOT スクート&タイガーエアがひとつに!